村田陽一ソロパフォーマンスライブ~「Janeiro」再発記念


¥3500(学生¥3000)別途1ドリンク代

村田陽一・トロンボーン、ルーパー。エフェクト

村田陽一プロフィール

トロンボーン奏者、作編曲家、プロデューサー
1963年7月25日静岡県静岡市生まれ.
91年ファーストソロアルバムをリリース。その後のソロアルバムではデヴィッド・サンボーン、マイケル・ブレッカー、ランディブレッカー、ボブミンツァー、フ レッドウェズリー、タワーオブパワー、マーカスミラーら国際的なミュージシャンがゲストとして参加。’10年にはイヴァンリンスとのコラボレーションアルバムをリリース。海外遠征もモントルージャズフェスティバル、JAVA JAZZ(インドネシア)出演をはじめ多数。
現在、渡辺貞夫BigBandのコンサートマスターを務め、編曲も全面的に担当している。
編曲家としてポップスエリアでは、椎名林檎、JUJU平井堅、ゆず、槇原敬之、SMAP、等多数。また吹奏楽エリアにおいても作品提供が多く、エヴァンゲリオンの吹奏楽版編曲、航空中央音楽隊、東京佼成ウィンドオーケストラ、2014年バンド維新などに委嘱作品を提供した。
2016年リオオリンピック閉会式でのフラッグハンドオーバーセレモニーで使われた楽曲の編曲・演奏を担当。2017年、2020年東京オリンピックに向けた都庁プロジェクションマッピングイベントに於いて「Power of Sports
の作曲を担当。

2017年には自身の21作品目となる最新ソロ作、ビッグバンド編成による「LIVE」がリリースされた。
同時に収録曲全9曲のスコアを出版。

2019年には2010年にリリースした「ジャネイロ」を新録2曲を収録しリイシューとしてリリース。(新録には椎名林檎、ウィルリーなどが参加)

現在リーダープロジェクトは管楽器7人とドラマーという編成「村田陽一Solid Brass」、ジャズラージアンサンブル「村田陽一オーケストラ」、ファンク中心のレパートリーを演奏する「村田陽一Hook Up」、ルーパーやエフェクターを使ってトロンボーンの可能性を追求する、一人で行う「ソロパフォーマンス」がある。